読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんちは。どうも僕です。

 

世間はGWですが、僕もちゃんとGW中ですw

明後日からしっかり韓国行ってきます。

 

 

さて、遅くなりましたが先月のMIC(Most Impressive Case)を紹介したいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

64歳男性、呼吸苦を主訴に救急搬送。

 

きてみると、その男性は顔色不良、妙に痩せていて、座位、酸素10LでSat90%前後だった。

 

このパターンはCOPD急性増悪か慢性心不全急性増悪やろな〜、とか呑気に思っていた。

撮った胸部CTで、右胸腔いっぱいに溜まった胸水、完全に虚脱した右肺を確認した。

これは異常・・・

 

胸腔穿刺してみると引けたのは血性胸水。

 

まず疑うのは癌性胸水ですね。

その目で見てみると、右肺には結節が多数、左肺にもパラパラと転移を思わせる小結節が多数。。そしてやはりヘビースモーカーだったようです。

 

トーリーとしては、右肺癌(原発不明)→癌性胸膜炎→癌性胸水→呼吸不全+反対側メタ

となりましょうか。

確定診断は胸水細胞診ですが、この時点で癌の可能性は濃厚ですが、だとしたらStageⅣ。

奥さんに話を聞くと、本人は2ヶ月前から急に疲れやすくなり、食が細くなり、痩せ始めたとのこと。数日前からは歩くのもやっとという状態だったそう。

 

なぜこうなるまで病院来なかったんだ。。

 

指導医「主治医やるか?」

自分「やります!」

 

かくして、末期癌(疑い)の主治医を担当させていただくこととなった。これまで主治医として診てきたのは、めまいや自然気胸の人たちだったので、なんふぁこの飛躍!とは思ったけど、指導医の先生が後ろでついてくれるし、確定診断までの呼吸管理がメインになりそうなので、それならなんとかと思い担当させてもらうことにしました。

 

この時僕は、最も過酷な1週間が訪れるとは知る由もなかった!!

 

続く